ヒラメに会うため、鹿島灘サーフ!今釣りに行きます!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

新島釣行が終了した後、毎週末鹿島サーフに行こうと企んでいたのですが、天候や用事によってこんな後になってしまいました。
ゴールデンウィークの後、鹿島灘でイワシの打上げなどの情報も入りつつ、かなりの期待感があったのは事実。
そんな期待感を感じながら、3週間ほど遅れて状況確認してきました。
結果、思ったよりベイトが居ないような・・・・

鹿島灘サーフ釣行記録

釣行日:2018年6月3日(日)
場所(ポイント):鹿島灘サーフ
時間:5:00~9:00(2時起床)
潮:中潮 満潮「5:12」
水色:青
水温:表層「18.1℃~19.5℃」

サーフポイントの所感

鹿島灘特有の「うねり」を外して今回は釣行したので、うねりなし!
波は、予報1.5mだったので波は比較的安定。
その反面、サーファーめちゃくちゃ多し。
しかし、ヘッドランド回りなどは、波が結構高い。
そんなシュチュレーションもあって、サーファーには最高!
おっと、サーファー目線の話になったが、つまり波は非常にいい感じと言いたいのだ。
離岸流もしっかりと出ていて、波の出入り口がしっかりしていることが分かる。
ここまでは、不安要素が無いのだが・・・・
肝心のベイトが全然見えない。イワシも鳥も何にもいないのだ!
こんなに、いい感じなのに・・・・・・

サーフでの狙い方について

とにかく、カレント回りを中心に狙う。
手前も奥も、まんべんなく狙う。
選んだルアーが、「ビーチウォーカー リボルト」・「飛びすぎダニエル」・「サムライジグ」・「ぶっ飛びくん」・「飛びキング」などなど。
カレントが出ている、両脇のサウンドバーから流心に引き込まれるイメージでルアーを何度も通す。
当たりがなければ、別のカレントへ。
とにかく、ルアーを投げまくってみたが、結果「ワタリガニ2杯」のみ。

結構大きい、ワタリガニだったので、重さはズシリを感じました。
まわりの話を聞いても、「ぜんぜんダメ」とのこと。
しかし、鹿島灘サーフの情報収集していると、最近までは調子が良かったそうだ。
つまり、来るのが遅かったのか。
やはり、良い情報の後は「すぐに行くべし」ってとこですね。
けど、ポイントの感じはかなり良い印象ですね。
一か月前は、貸し切り状態だったのに今は、アングラーがメチャ多いのでその点だけは、これから厳しそう。

女神ポイント・セブン下・ヘッドランドでも同じ

基本的には、有名ポイントの女神ポイント・セブン下・ヘッドランドでも、同じ狙い方がいい感じ。

早く、「秋にならないかなー」と思いつつ、また向かってみますね。
本当に懲りない私です。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。