河川のバチ抜けシーバス対策ルアー5選。ポイントは、流れの中のルアー姿勢。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

つりしろ編集長
今回は、「河川」で発生する「バチ抜け」に対応したシーバスルアーをご紹介します。

2020年も一言でバチ抜けと言っても「河川」と「港湾・運河」では、ポイントと狙い方が大きく異なりますので、注意しましょう。

*運河バチ抜け対策ルアーは、下記。

ここが、混ざって紹介している情報がほとんどです。「時期」や「バチの種類」でルアーも全く違うので気を付けてください。

ここでご紹介するルアーは、河川実釣をもとに「色」・「使い方」含め長年研究してきた結果を元にご紹介するルアーです。

河川で発生するバチ抜けの特徴は?

河川で発生する「バチ抜け」は、いくつかの特徴があります。この特徴にあったルアー選定がポイントになるというわけです。
河川のバチ抜けについての特徴は、6つあります。

  • 大潮~中潮で発生
  • 19:00~22:00ぐらいが時間帯
  • 川の流れでバチが移動する(下げで発生)
  • シーバスの捕食は、待ち伏せ型
  • バチが大きい
  • 水色が濁る

その特徴にあったルアーが、今回の選出したバチ抜けルアーになります。

河川用バチ抜けシーバス対応ルアーは?

つりしろ編集長
既にバチ抜けを楽しまれている方も、今一度自分のタックルボックスの中のルアーを確認してみてください。

河川バチ抜け対応のシーバスルアーの準備です。

ガイア エリア10

河川バチパターンでシーバスを釣りたいなら、まずは「ガイア エリア10」を買いに走れ!もう、命令ですね。
それで「5本」ぐらいは買いましょう!なぜかは?

「ガイア エリア10」は、安いけど「品質にばらつき」があるから。
本来フローティングなはずだけど、ハズレを引くとシンキングのやつもあります。

そんな感じなので、複数買ったほうが良い。どこの釣具屋にも売ってると思います。

ダイワ スライ110

これは、2019年新作ルアー。使ってみたけど、本当によく釣れます。
飛距離も、申し分なく大河川でもポイントまで届くポテンシャル。
使い方も、簡単。エリア10は、すこしテクニックがいりますが「スライ110」は「何も考えず巻くだけ」。
ぜひ、購入してほしい一つ。

ダイワ(DAIWA) ルアー モアザン スライ 110F トロピカルベイト

ダイワ(DAIWA) ルアー モアザン スライ 110F トロピカルベイト

1,633円(02/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

アイマ アルデンテ95S

こいつも、釣れる。このアルデンテ95Sは、シンキングなので中層に居るバチをイミテート出来ます。
中層付近にバチが漂っていることも多いので、必ず用意してください。

パズデザイン フィール

これも、とてもよく釣れる。表層のみならず、中層付近のシーバスももれなく釣れます。
サイズのバリエーションが多いですが、「100以上のサイズ」が河川バチ抜けでは有効でしょう。

また、通常「終了」という、みんなが帰るタイミングから本領発揮することが多いルアー。保険で持っておくのもいいです。

ジャクソン にょろにょろ125

にょろにょろに限っては、一番大きい「125」なら河川バチ抜けに対応しています。
存在をアピールするホルム。河川では、このファクターが重要になります。

最後に、河川でのルアーカラーについて

河川バチ抜けの特徴でも上げましたが、「水色が濁る」ことに対応しているカラー選定が重要です。
多くのバチ抜けカラーと呼ばれる色は、「茶色」・「緑」などが多いですがこのカラーでは、河川の水色に負けてしまいます。
そんな、特徴も考え色は「パールホワイト」や「蛍光色」や「クリアー系」などがいいでしょう。
「クリアー系」については、「月の光」や「ナチュラル度」の観点から、かなりの実績があります。
これも、非常に大事なファクターの一つなので、忘れず取り入れましょう。

河川のバチ抜けパターン攻略はこちら

関連記事一覧