河川とは、違いますよ!運河バチ抜けパターン攻略。シーバスバチパターンを攻略する方法とルアーの確認

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

つりしろ編集長
今回は、各地とも4月以降に発生する運河バチ抜けパターンの攻略方法をご紹介します。

似て非なるものに、「河川で発生するバチ抜け」もありますが「河川」と「運河」では、別物になるので注意が必要です。
今回は、「運河に特化した」内容を解説いたします。たぶん、運河に特化した解説は、他では見られないかもしれないです。

運河のバチ抜けとは?河川と何が違うのか?

つりしろ編集長
まず初めに知ってほしいのが、「バチ(ゴカイ)」の種類の違い。

細かな種類などは、ここでは割愛しますが「バチ(ゴカイ)」の種類は、日本全国で「約900種類」ほどいるといわれています。

釣りの中でのバチ抜けパターンをわかりやすく考えるために、大きく「2つ」に分類します。

  • 「河川」=「汽水域」
  • 「運河」=「海水域」

今回は「運河のバチ抜け対策」なので、海水域に生息している「バチ(ゴカイ)」の生態に合わせた釣りになるということです。
海水域に生息するバチには、大きな特徴があります。

それは、「泳ぐ」ということ。河川のバチとは、ここが大きく異なります。
泳ぐという特性上、移動する範囲が立体的になります。

ここが一番の注意点でかつ、攻略の要になります。

これだけ覚えれば、運河バチ抜けが発生するタイミングに出会えるはず

運河のバチ抜けに出会いたいなら、覚えておけばいいのはこれだけです。

運河のバチ抜けの発生タイミングのポイントは「3つ」あります。

  • 4月~6月に発生
  • 潮周りに関わらず発生
  • 19:00~4:00ぐらいが時間帯

これだけ覚えていれば、運河でバチ抜けには出会えるはず。河川と違って、タイミングが長いのが特徴ですね。

その中でも、さらに厳選した日が誰でもわかるように「バチ抜けカレンダー」もご用意していますので、良かったらどうぞ。

運河バチ抜けのタイミングは分かった。今度は、シーバスが釣る方法は?

つりしろ編集長
ここが、最重要ポイントだと思います。バチ抜けに出会うことは、それほど難しくありません。

しかし、バチを食べている「シーバスを釣る」ってことは、少し難易度が高いです。

その点について、「図を交えながら」解説していきたいと思います。

まずは、運河のバチ抜けシーバスパターンの特徴を「5つ」。これは、必ず覚えてください。

  1. バチが自泳して移動する
  2. シーバスの捕食は、追いかけ型
  3. バチが小さい(10センチ~数センチ)
  4. 水色がクリア
  5. 人工灯があり、明るい釣り場が多い

この特徴を踏まえ、シーバス攻略を進めていきます。

バチ自体が泳ぐので、全部のレンジを狙う

バチ自体が泳ぐので、河川のバチ攻略のように「表層メイン」では、釣果を伸ばすことができません。
シーバスは、バチを追いかけて捕食しているので、ルアー選定も釣果に直結しやすいです。

潮の上げ下げと「塩水くさび」で時合いを知る

運河の特徴として、「海水メイン」のエリアではあるが淡水の流れも入っているのが特徴です。
潮の上げ下げで、バチの濃度が上がる場所があります。その場所を感じることが、攻略するカギになります。

運河の最大の特徴流れ込み。ポイントとしても一級な場所

運河でバチ抜け対策をしようと思えば、必ず探してほしいのが「流れ込み」や「運河の合流」。
橋脚の明暗などよりも、10倍ぐらい一級ポイント。ここを狙わずに、シーバス攻略は語れない。

シーバスの追いかけ捕食対策には、ルアー姿勢を意識する

運河バチ抜けシーバスパターンの最大の特徴、それは「シーバスの捕食は、追いかけ型」というところ。
追いかけて捕食する場合、シーバスは捕食する前「食べ物か?どうか?」ということを、いつもよりも慎重に確認します。しかも、釣り場に明かりが多いため、余計に見切られる可能性が高いです。

その特性上、ルアー姿勢などに違和感があった場合、捕食することをやめます。

一つのルアーで、広いレンジを探ることが大事

運河バチの場合、横の動きのみならず、縦の動きも重要な対策。
シンキングルアーを使うことによって、立体的な攻めが可能になる。

運河バチ抜け対策時のルアーカラーは、どれがいいの?

ルアーカラーについても、もちろん解説いたします。

 

運河バチ抜けパターンに適している、お勧めシーバスルアーはこれ。

色々試してみた結果、ここに挙げているルアーがあれば間違いなく釣れるでしょう。
エキスパートの人も、ビギナーの人も「関係ない」とは思わずに、よく読んでみてもらえると新たな発見があるかもしれません。

今日から、運河バチ抜けシーバスマスター!

運河バチ抜けの良いところ、「いつでも」・「運河ならどこでも」楽しめる釣りです。
今日からでも、始められる釣りなのでぜひお近くの運河へ足を運んでみては、いかがでしょうか?

バチ抜けシーバス釣行2019(運河編)2019/04/16追加

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。