真実に迫る近代化の冬シーバス対策とは?ポイントになるのは、2つのキーワード。

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

つりしろ編集長
今回は、12月~3月までの冬シーバスパターンの攻略方法をご紹介します。

冬のシーバス対策は、2つの考え方が存在します。

その2つのポイントとは、

  • 移動している鱸を狙うか?
  • 居ついている鱸を狙うか?

この考え方によって、「冬の釣れ方」が全く違ってくる。「どちらがよい」というわけではなく、どちらをイメージした釣行なのか?をはっきりと意識した釣行が必要なのだ。

今回は、「年々変化している、釣りの環境を含め」対策を考えていく。

冬のシーバスは、産卵期。多くの鱸は、産卵場に移動する

冬の時期になると、多くのシーバスは「産卵場」へと移動する。
先ほども「2つのポイント」をお伝えしたが、この産卵場から移動する「個体」を狙うのか?産卵場に居る「個体」を狙うのか?で冬の釣り場が大きく変わるだろう。

 

今回は、冬のシーバス対策なので「産卵場へ移動する個体」の多くは「秋パターン」と呼ばれるシーバスの釣れ方になり「冬パターン」ではない。
しかし、冬に居ないはずのポイントにシーバスがいることも経験から知る人は、多いだろう。これは近年冬に成立するようになった「新パターン」だ。

そんな新パターンを含めた経験から、冬のシーバス対策に必要な考え方をお伝えしていく。

ベイトの数よりも、冬は水温変化(高水温)に注目する

もっとも大切な考え方としては、冬のシーバス対策において一番重要なのが「水温」だ。
近年、環境問題でも話題に上がっているが「温排水」の存在。この存在が、昔は存在しなかった「冬の新パターン」の狙い方(釣れ方)が成立するのである。

ここで「よくある温排水の話だと思ったら大間違い」なので、よく見てください。

年々、温排水の「温度が上昇」していることを調査から分かってきた。みんなが知っている「温排水の温度」が最近変化しているのだ。

その結果、都市型河川が多くなっている現状から、「本来留まれないポイント」に「冬に温排水の影響」で留まるケースが確認されている。
イメージだと「温排水の周りだけ影響がある」と思われがちだが、冬の温排水は数キロ~数十キロの下流まで水温上昇が認められている研究結果もある。

つまり、冬のシーバス対策で注意を払うべきポイントは「温排水」という点と、人工的に温排水が発生している関係で「毎日水温が変わる」という点だ。
特に、冬の夜間の温排水の「有無」は劇的な釣果の差が発生することも少なくない。

 

冬に移動しているシーバスを狙うポイントとは?

先ほど「水温変化」に注意とお伝えしたが、「冬に移動している個体」を狙うとしたらここがポイントになる。
冬の移動しているシーバスの個体は、基本的に「アフター(産卵後)」と捉えていいだろう。

アフターの個体は、少しでも「環境がよいエリア」へと移動する。それは、「ベイト」が多いエリアではなく「体力を使わない」エリアである。
産卵後の本格的な体力回復は、「春シーズン」に行われ「冬シーズン」は「そもそも餌が少ない」ことをシーバスが知っているからだ。

そうなると、昔から定番の「海の深い場所」が第一候補になるが、近年では温排水の影響で「河川・運河」も十分に成立する場所へと変わってきた。
このような状況からも、「新規ポイント」は年々増加している。全体のシーバスの個体数は、同じと考えたら新規ポイント増加によりシーバスは分散されていると考えるのが一般的だろう。
実は、冬のシャローなどでも「シーバスゲームが成立」している。これは、冬のシャローがキモじゃなく温排水の影響だ。水温をチェックすれば、一目瞭然。

そんな状況からも、「今までのポイント」には固執せず「冬の新規ポイントが増えている」という認識で挑んだ方が「釣りがうまくなる」こと間違いなし。

どのようなルアーが有効か?

冬に移動している個体を対策するルアーは、「ボトムから縦に動く」もしくは「スローに動かせる」のがポイントになるだろう。
アフター状態の鱸は、「捕食にギャンブルを求めない」。つまり、「捕食に確実性」を求めてくる。

そうすると、捕食しやすい「ボトムから縦に動く」ワーム系やバイブレーション。
あとは、ミノーなどをスロー(よく言われるデットスロー)で泳ぐルアーが必須となるだろう。

ガイア エリア10
邪道 スーサン
ダイワ ミニエント
コアマン VJ-16

冬に居ついているシーバスを狙うポイントとは?

これは、意外と簡単な話だ。もうお分かりだと思うが「産卵場付近」が冬の居付きの場所となる。
しかも、産卵場には多くの鱸が集まっている為、非常に確立も高くサイズもデカい。

具体的な場所は、「干潟」になりしかも、ディープが近い干潟が好条件となる。
このような条件では、釣り方がある程度決まっており「ウェーディング」が必須となる。

ウェーディング?と聞いて分からない方は、冬の鱸の狙い方をあまり知らない方であろう。
簡単に説明すると、「デカい長靴」をはいて水の中で釣りをする方法。

陸からは狙えない場所で、釣りを出来るメリットがあるが釣りの中でも危険も高い方法だ。
つまり、ある程度危険を覚悟しないと陸からは「産卵場」へは行けない。

よってこの釣りをするのは、「上級者向け」となる。上級者とは、「釣り歴」が長いことをいうわけではなく「その釣り場を熟知」し、「海の特性を知り」、「諦めることを知っている」人のことを言う。
「魚を釣りたい」という気持ちが強いのは、「上級者」ではない。気持ちが強いのは「初心者」の方だろう。悪い意味ではなく、それほど危険なのだ。

そんな人の為にも、チャーターボートなどの方法もあるので、冬のシーズンは「ボートシーバス」も考えてみてもいいだろう。
冬は、ボートでも「ランカークラス」がこのシーズンに釣れやすい。

どのようなルアーが有効か?

基本的には、大型ミノーが合っているだろう。産卵場の近くは、産卵前のシーバスが集まっている。
捕食したがっている個体が多い為、アピール力とレンジが重要だ。

場所を考えると「小さい個体」を狙ってもしょうがない。「ボーズ覚悟」でデカい鱸だけを狙っていくつもりで釣りをした方が、良い魚に出会えるだろう。
「アタリが無い」からと言って、弱気にならないで「強気で攻める」と意外と結果が早く出ることも少なくない。

BlueBlue ブローウィン!165F
アイマ ポッキー
ダイワ ガルバ
シマノ サイレントアサシン

シーバスは「考え方次第」。他の魚種やお休みにしたっていい

冬については、「何が何でも鱸を釣る」って考えなくてもいいと私は思っています。
それよりも、冬に楽しめる魚種で「釣力」を鍛えるのも大切。

意外と知られていないのが「一魚種だけをやっても、上達しない」こと。
冬に色んな魚の行動を見ることで、「可能性」が見えてくる人も多いで色々楽しんでみてください。

とにかく釣りを楽しむためには、「色々体験」するのが一番ですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。