シーバサーたちへ贈る!ボラコンでベイトスタイルやってみないか?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

つりしろ編集長
俺スタイルを応援している、「つりしろ編集長」です。

自分の釣りスタイルって、考えたことありますか?
私は、「何となくって感じ」であまり深く考えていませんでした。

「このメーカー縛り」とか「どんな釣り方がいい」とかも、スタイルの一部ですよね。
それらを考えると、「不自由を自ら選ぶ」というのがスタイルの本質であるような気がします。

なんかネガティブなように聞こえますが、「不自由を自ら選ぶ」ということは「自由」に近づく第一歩だとお恥ずかしいですが最近気が付きました。

前々から、「ベイトリールでシーバスを釣る」ということをやりたかったのだが、「釣果優先」でなかなか実行できなかった。今回「BlueBlue ボラコン150」が発売されたことをあって、さっそく行動に移した感じです。

まず初めに「ボラコン150」を爆速で購入

つりしろ編集長
ボラコンの調達は、今回ネットで購入。

購入解禁日にさっそくポチッった。

カラーは、迷いに迷って「#03 チャートボラ」にした。
意味は、特にないけど「チャート」が気になっただけ。

値段は、「3000円」ぐらいしたけど「お値段以上ボラコン」ですね。

シーバスで使うためにロックフィッシュやバス用ベイトリールがあるので

ベイトリールは、いくつか所有しているけど今回は「ロックフィッシュ」で使っている「SHIMANO Scorpion XT 1500シリーズ」を使うことにした。型番は「XT1507-7」。確か、ハイギアだったと思う。

これを、シーバス用として登場させる。何と言っても外洋のディープエリアで使えるくらいのラインキャパがあるスコーピオンは、色々な意味で有利である。最近はやっている「ベイトPE」は、今回は使わずに「ナイロンライン」で使い込む予定だ。

久しぶりに触ったスコーピオンは、「クラッチレバー」が少々固着気味。レベルワインダーも少し動きが悪いので、「リールグリス」を散布した。

そうしたら、見違えるほどスムーズに。ぜんぜん問題なく使えそうな予感。

ロッドは、メジャークラフトクロスステージ

 

今回は、ロッドは「メジャークラフト クロスステージ ハードロック」を使う。
こまかなスペックは、残念ながら忘れてしまったが「42g」までキャストできる。今回のボラコンが「48g」なので少々スペックオーバーだが、問題ないだろう。
そもそも、フルキャストなんてしないんで問題なし。

これで、ワクワクするようなら改めてシーバス用の「ベイトリール」・「ロッド」を購入予定。
とにかく、「不自由に生きていきたい」そんなスタイルが今は流行りになりつつある。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。