自分は、誰よりも遠くへルアーをキャストしたい。そんな夢を実現する為にチャレンジする。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

だれでも、遠くへルアーをキャストしたいと思っていないでしょうか?
少なくとも私は、そう思っています。「遠くへルアーを飛ばしたい」って気持ちは、釣果とかそんなこととは関係なかったとしても、「未知の領域へ」ってワクワク感があると思います。そんな、夢へのチャレンジ企画。自分の体を最強の「釣り具」へカスタムしていこうという企画です。

ロングキャストするポイントは、分かっているんだ…

今回の企画は、「キャストのコツ」とかという話ではありません。
コツを練習することも大切ですが、もっと大切なことは「遠くへキャストできる自分の強靭な体を作る」こと。
遠くへ飛ばす為の原理は、ロッドの反発力を最大限にしてルアーをはじき飛ばす。その反発力を生む原動力となっているのが、人間の体なのだ。
私自身、スポーツや水泳などで体を鍛えてきたが釣り用の体にするイメージなどもっていなったが、今回ロングキャストするために必要な部分の筋力を上げていくイメージで軽くワークアウトしていく

大切なのは、楽に鍛えること。

ゴリゴリ鍛えてもしょうがないから、今より鋭い動きが出来るくらいのイメージで鍛えていく。遠回りするかもしれないけど、私のイメージから鍛えた部位の効果を実際のルアーキャストで測定していく。

最初は、リスト(手首)の強化

強いロッドの反動を得るためには、「動から静」へ動きをスムーズに行う必要がある。ロッドが止まっている状態から最速へ、またロッドが最速から0へなるときに大きな反動が生まれる。その反動を最大化させるために「手首の強化」をやってみる。強化方法は、こいつだ。

こいつを1日数分試しながら、飛距離の変化があるか?ないか?測定していく。健康にもいいし、力が付くこと自体は何も問題がない。結果的にキャストの飛距離が伸びなくても体が鍛えられるので、損はしないだろう。何事もチャレンジ!最終的には、太平洋を越えるキャストが出来たらいいな。(嘘)
効果がなかったら、スミマセン。

実際に購入してトレーニング1日目

アマゾンでリストボールが届いたので、早速トレーニング開始。
今日は、どちらかというと「リストボール」の使い方を調べる。
実際、使ってみると「難しい」。なかなか、うまくリストボールを回せない。挌闘すること15分やっとうまく回せるようになった。youtubeなので色々な動画を参考にしたが、私は下記の方法でやっとコツをつかんだ感じ。

今回購入したパワーボールはヒモがないが、これが一番うまく出来た
購入したパワーボールの付属品はこんな感じ
本体のサイズ感は、手のひらサイズ
ここを指で回して、最初の回転をさせる
そのあと、回転をどんどん上げてリスト(手首)を鍛える
強い遠心力が掛かるので、最初は落下防止のヒモは付けておいたほうがいい

トレーニング後の感想

一日しかしていないが、「手首の力の入り方が違う」。これは、人によって感想が変わると思うが少なくとも私には効果があった。
実際にルアーの飛距離に対しては、「どれだけの効果?」があるのかは不明だが、なんか飛びそうな気がする。あくまでも気がするだけだが、楽しみが増えた。何日かトレーニングを積んで、近々にルアーをキャストしてみたいと思う。

-釣具の整理・収納にお困りなら- -安くて便利なアイテムが豊富-

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。